素早い採点が可能になる

マークシート方式による試験が人気を集める理由には、どのような背景があげられるのでしょうか。その理由の1つとして、素早い対応が可能だという点があげられます。試験終了後に採点者が、答案を1枚ずつ採点していくとします。試験を受けた方の人数が多いほど、採点にかかる負担は大きくなります。一方でマークシート方式の試験の場合には、機械を利用して一気に採点が行えます。素早く多くの枚数の祭典が終了するので、採点する側の負担を大きく減らせます。急いで結果を出す必要がある試験のときだと、手動で採点すると遅くまで働く必要があるケースも見られます。自動採点が可能になれば、遅くまで残って採点するような必要もないのです。

採点者の違いによる不平等が無くなる

試験を受ける側が気になる点の1つが、平等に評価されるのかという点です。例えば記述式の問題の場合、採点者の判断基準が異なると点数に違いが出てきてしまう可能性があります。もしも採点者の判断基準の違いで減点されることがあれば、後悔の残る試験となってしまうケースも見られます。ですがマークシート方式の試験であれば、採点者の違いによる不平等が起きる心配はありません。機械による一律の祭典になるので、採点者の違いで点数が変わるという心配がないのです。不平等がない試験になるため、資格試験などに利用されるケースも多くなっています。平等な採点基準だからこそ、結果に納得でき自分の実力を知る判断基準とすることも可能です。

試験を受けるときの注意点を知ろう

結果がすぐに出る採点が平等などの特徴があるマークシート方式の試験ですが、実際に受けるときにはいくつか注意が必要なポイントも存在しています。その注意点の1つとなるのが、マークはしっかりと塗るということです。試験前の注意事項の説明でもありますが、マークシート方式の試験において、マークがしっかりと塗られていないと機械が判別できません。急いでいる場合でも、問題のないようにマークをして対応することを心がけましょう。マークからはみ出したり、他の部分を塗ったりしないようにすることが大切です。ほかにも気を付けるべき点の1つが、使用する筆記用具です。シャープペンシルで問題ないと考えている方もいますが、マークシート方式の試験は、シャープペンシルだと塗りにくいこともあります。鉛筆を使うほうが塗りやすくなるという点を押さえておきましょう。ただし使いなれていない人は、試験前に鉛筆を使う習慣を作っておくことも大切です。

広告募集中